<< 教科書よりやさしい?史跡紹介:関ヶ原(4)〜終戦編〜 | main | 教科書よりやさしい?史跡紹介:開智学校 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

『教科書よりやさしい日本史』特設公式サイトについて:その1

先日もお知らせしたとおり、いくつか追加要素が加わった
『教科書よりやさしい日本史』特設サイトですが、
せっかく作ったサイトをより多くの人に見てもらいたく思い、
これから何回かに分けて、サイトについてご説明いたします。

カリスマ講師石川の特別授業!教科書よりやさしい日本史|旺文社

記念すべき第一回目は
「どこまで出来る? あなたの日本史力チェック!」について。




黄色い楕円の部分を押すと、以下のようなポップアップが開きます。



「超基礎レベル問題」1問、
「基礎レベル問題」2問、
「センター試験問題」1問、となっております。

問題の画面はこんな感じです。



どのレベルの問題も選択式です。
わからない場合は、『教科書よりやさしい日本史』本文を
ヒントとして見ることで確認し、
正解を導きだすことが出来る……という仕様です。
(実は本文見本の代わりとして設置したものなのです。)

ちなみに、解答を間違えた場合のみ、
同じヒントで解答することが出来る
【2問目】に挑戦できるようになっております。
1問目よりちょっとだけ(?)易しい問題を用意しました。
なので合計では8問準備しております。


「超基礎レベル問題」は、
「日本史ビジュアル絵巻」でイラスト化した有名人物が活躍した順番や、
「飛鳥時代」「奈良時代」など時代の順番を確認する問題となっています。

「基礎レベル問題」
『教科書よりやさしい日本史』に色文字で掲載した人名・用語などについて、
問題に対して正しいものを選ぶ4択問題や、
事件を起こった順番に並び替える問題になっています。
……人名・用語自体はしっかりおぼえていても、4択問題で
「足利〇〇」「〇〇の乱」なんかがたくさん出てくると一瞬混乱しますよね……。

「センター試験問題」
そのものずばり実際のセンター試験で出された問題です。
基礎レベル問題からいきなりハードになったかもしれません。
一応、平均的な正答率のものを選んだつもりなのですが……。
……センター試験難しいですよね。


『教科書よりやさしい日本史』はこれ1冊で、
大学受験の参考書としてはセンター試験の平均点(60点前後)を
目指せる内容になってます。

「センター試験問題」が解けなかった人はもちろんですが、
解けた人も、知識の整理や確認用として1冊ご利用いただけると嬉しいです。
ありんこ(編集担当) * 書籍について * 19:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:27 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ