<< 『教科書よりやさしい日本史』特設公式サイトについて:その1 | main | 教科書よりやさしい?史跡紹介:「皇室の文庫 書陵部の名品」展 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

教科書よりやさしい?史跡紹介:開智学校

秋晴れのシルバーウィーク最後の日、
長野県松本市の開智学校などを見てきました。



1876(明治9)年に竣工、
西洋の建築物を見よう見まねで建てた擬洋風建築として
高校日本史でも出てくる建築物です。
和洋折衷なデザインがいかにも文明開化期っぽくて素敵です。

現在は旧開智学校の歴史や明治の教育資料などの博物館になってます。
こんな風に当時の教室・講堂を再現している部屋もあります。



実は学生時代から
「開智学校みたいな著名な小学校の建物が
 何故東京や京都でなく松本に建てられたのか」
疑問に思っていたのですが、
展示を見てその謎がようやく解けました。

松本は江戸時代から寺子屋の普及率が高い地域で、
明治政府が1872(明治5)年、
全ての国民を学ばせようとする学制を出し、
全国に小学校を創設する以前に、
当時の県知事にあたる人物が教育の重要性を訴えて
学校を作っていたということです。
その後、学制発布に伴って、名前を「開智学校」と改めたとか。

学制では地方の経費負担も大きく、
学制反対一揆が起こった地域もあることを考えると、
ますます松本の教育熱の高さを感じます。

また、この開智学校や、松本市の博物館などの展示の解説は
とても丁寧で(「文化財とは何か」から説明するなど)、
昔からの教育熱は現在にも続いているように思いました。


松本市のサイトの文化財紹介ページはこちら。
重要文化財旧開智学校
ありんこ(編集担当) * 史跡紹介 * 18:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:23 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ