<< センター試験直前で役立ちそうな情報を集めてみました | main | 昨日の歴史秘話ヒストリアの話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

2011年センター試験日本史Bに挑戦してみました。

週末のセンター試験を受験された皆さま、お疲れ様でした。

編集担当も日本史Bだけはガチで解いてみました。

……これで低い点数しか取れなかったら大恥よねえ……、
と内心ヒヤヒヤしながらとりかかってみましたが
結果は2問ミスで94点でした。

おおお良かった思ったより合ってる!
(ほんと自信無かった……)


社内で何人から話を聞くと
「日本史は難しくなったらしい」「今年は簡単だった」とか
ちょっと評価が定まらない様子ですが、
三大予備校の分析はどこも「昨年並み」とされてるみたいですね。

自分で解いた感想としては
正誤判定や年代配列でちょっと微妙な選択肢が多く、
やや難しい印象がありました……。
個人的に苦手な文化史や経済史が多めだったのも
理由かもしれません。


ちなみに間違った問題は以下の2つ。

問題番号12:機粉鷽蔽老倭餘爐療仂譟砲
掘塀藉荘園の衰退)の順序でちょっと……。
でも山川教科書にはちゃんと書いてあったし
しかも『教科書よりやさしい日本史』でも少し触れていた……。

問題番号24:よく読んだら文章aって
「朝鮮から伝わった活字印刷技術により」「キリシタン版」が
作られたわけないじゃん! ヴァリニャーニの活字印刷機じゃん!
っていうか『教科書よりやさしい日本史』には、
キリシタン版の写真まで載せてるじゃん!
超うっかり! 大反省!

……えーと、やっぱり実際に問題を問いてみないと
確かな実力って身に付きませんね!

あと、プラザ合意(1985年)や
イラクのクウェート侵攻(湾岸戦争、1990年)など
かなり現在に近い内容も問題で扱われてるのも印象的でした。



自分の備忘録用に、三大予備校のセンター試験分析にもリンクはっておきます。

河合塾(総合教育機関・予備校)/ 2011年大学入試センター試験速報

駿台予備校 データネット2011 問題講評

代々木ゼミナール 大学入試センター試験問題分析 2011年
ありんこ(編集担当) * 小ネタ * 17:09 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:09 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ