<< 2011年センター試験日本史Bに挑戦してみました。 | main | 教科書よりやさしい?史跡紹介:松陰神社&松下村塾 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

昨日の歴史秘話ヒストリアの話

NHKで水曜夜10:00より放映されている
歴史秘話ヒストリアという歴史情報番組があります。

昨日、この番組で藤原頼長という、院政期の公卿が取り上げられたのですが。

“悪の華”は平安京の夜に開く 〜キケンな貴公子、藤原頼長〜:歴史秘話ヒストリア

……改めて見ると、すごいタイトルですよね。

ええとまあ、高校の日本史教科書だと
「1156年の保元の乱で敗れた人物」として出てくる方なんですが、
リンク先にも書かれておりますとおり、
男性同士のものすごい赤裸々な恋愛日記を残したことでも知られてたりします。

昨日の放映ではその話題になった時、
Twitter上ですごい盛り上がりを見せていたのが
たいへん印象に残っております。

……というかあんな風に放映すると思ってなかったですよNHKパねえ。

まあ院政期って男色はごくごく普通のことで
白河法皇とか後白河法皇とか有名どころにも記録があるとか……。
だいたい日本史はそういう話普通に多いというか……。


閑話休題。


こんな一見ネタ風味のタイトルですが、
藤原頼長という一般的にメジャーではない人物の一生を
史料を示しながらスキャンダラスかつドラマチックに紹介していて
個人的にはとても楽しく見ることが出来ました。
最期が結構泣かせるのですよね……。

また、時代背景や歴史用語なども知らない人向けに説明があり、
行き詰まった平安時代の貴族社会から武士の世への転換という流れがある上で、
頼長の行動が説明されていたのも良かったところです。

歴史上の人物個人のちょっと面白いエピソードで視聴者の興味を引きつつ、
その人物の生涯を語ることで、教科書的な歴史の流れも説明する
……というお手本みたいな構成だと思いました。

歴史上の人物の個性を知ることで
歴史に興味を持つ人は多いと思うのですが、
個人への興味から、どうすれば歴史学習につなげることが出来るのか。
そんなことをつらつら考えている身にとっては、
今後の何かの企画で参考にしてみたい番組でした。
ありんこ(編集担当) * 日記 * 19:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:35 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ