<< 「日本史一問一答メルマガ」第二弾もはじめました | main | 『やさしい日本史カレンダー 2012』発売のお知らせ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

『教科書よりわかる政治・経済』発売のお知らせ

すでにプレスリリース等々流れておりますが、
教科書よりやさしいシリーズ第三弾、
他科目バージョンは世界史じゃなくてまさかの政治・経済なのでした。

特設サイトはこちら。
教科書よりわかる政治・経済/勉強法を知る|大学受験パスナビ:旺文社

著者は河合塾の若手ホープと名高い栂明宏(とがあきひろ)先生、
イラストはもちろんプロダクション I.Gの西尾鉄也氏になります!

また、テーマ別の導入イラストは「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズなどの
背景で有名な背景スタジオ株式会社Bambooにお願いしております。



そして巻頭特集は政経担当の熱意で実現した池上彰氏インタビュー!


「今、政治・経済を学ぶということ」について語っていただきました!

個人的に同意しまくったので広めたい部分を引用。

政治・経済を身につけるというのは、高校生の皆さんが、
社会人として生きていくための力を身につける、
その基礎だと思うんですよ。
今ほど、教科書や参考書に書いてあることが、
現実社会で役に立つという時代はないんですよね。
世の中のことをどう考えればいいかというときに、
「こういう仕組みがあった」と知っていれば、判断できるんです。


紙面はこんな感じで、一人の先生&二人の生徒の会話で話が進んでいきます。


実は元ネタは中江兆民の『三酔人経綸問答』なのでした。


例えば、センター試験で2科目必要な場合、
日本史と政治・経済はとても相性が良い科目だと思うのです。

近現代史の政治史・経済史で結構内容がかぶっている、
基本的な政治・経済の仕組みを理解しておくと近現代史がわかりやすい、など
(内閣や国会の仕組み、円高や円安と輸出入の関係など)
たいへん相互補完的な科目だと思いますので、
もし日本史受験生で公民科も受ける必要がありましたら、
是非こちらの書籍もご確認ください!

もちろん、政治・経済を学び直したい、大人の皆様にもオススメです!


余談。
三人の会話で本編が進む&立ち絵があるならビジュアルノベルが出来るぜ!
と思って編集担当でもないのにこそこそ作っていた何か。
作ってはみたもののどうしようか検討中&どうなるかは未定……。
ありんこ(編集担当) * 書籍紹介 * 17:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:01 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ